PS4用ゲーム
ゴーストオブツシマをクリアしました^^

3ヶ月くらいかかってサブクエ(浮世草)も
だいたいクリアしてトロフィーは半分くらい集まった
かな?という感じです☆
1

鎌倉時代の対馬国がとにかく美しいゲームでした!
南の比較的暖かい地域には銀杏並木が
中部の湿地帯は紅葉が美しく、北方は雪景色。

だいたい秋から冬にかけての対馬国という
オープンワールドを馬で駆け抜ける疾走感
が爽快でした^^

海の方は夏を感じましたし、クリア後の2週目は
白い花が舞っていて春も感じられます✨


CERO Zということで、普段やんわりRPGしか
プレイしないので、少し緊張しましたが、
結果プレイして本当に良かったなと
感じるゲームでした^^

映像としてZを感じるのは、たかのシーン
くらいでしょうか。
(あとは仁さんの戦闘スタイル)

2

結果として、誉れを重んじる叔父上と対決することに
なる境井仁ですが、暗躍を常とする冥人としての
生き様は、ダークヒーローのようでカッコ良かったです!

叔父上の意のままで、何をするにも考えるにも
叔父上第一だった、ゲーム開始当初からは考えられない
仁の変化に、このゲームは仁さんの自立物語なんだろう
と今では思っています。

3

随所随所で、冥人になることに対する良心の呵責や
対馬国の人々の意見(賛否両論)なども
浮世草(サブクエ)から垣間見ることが出来て
時間の流れを感じさせられて良かったです^^

特に、仁さんの乳母ゆりさんは、メインストーリー
では登場しませんが、この物語のキーパーソンなの
ではないかと思うくらいです。

混乱毒にはお世話になったしね!ww


感想としてとても良かった
ゴーストオブツシマ

その中でも特に
良かった点と気になった点を
挙げていきたいと思います。

◆良かった点
・映像美
・作りこまれた家屋や自然など
・風や波などの演出
・フィールド上でのロード時間を感じない所
・収集物、伝承など自分好みにプレイできる点
・バリエーション豊富な戦闘方法
・新たな技を覚えるタイミングなど
楽しめる要素をバランスよく配置している点

◆気になった点
・夜の光の加減(見えづらい)
・街道の蒙古との一騎打ち
(街道を通らなければ、必要ない戦いはしないで済む
という意味では通常のエンカウントよりはマシでしたが
少々面倒でした)
・浮世草などのサブイベントがあまり発生しないと
新鮮味が薄れてきて、探索が作業に感じられる点
(ストーリー後半では浮世草がほとんどない)


ストーリーは人それぞれとらえ方が違う
と思いますが、私は満足でした^^

キレイごとだけでは、国は救えないよね。
人殺しという業を背負った仁さんが
世間的には地位も名誉も金銭も失って
それでも人のために修羅の道を選ぶ
というメインストーリーが、世界観と
合っていて共感出来ました。


追加コンテンツの冥人忌憚ですが、、、
オンラインプレーしたことないので
どうしようかな?って感じですww

クリアしたけどプレイ自体は超下手なので^^

プレイ中の方々!
オンラインで会うことがあれば、
ぜひ楽しんでいきましょうね~☆
KINGPUCで参入予定です

本日のお読みいただき
ありがとうございました
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村


人気ブログランキング
スポンサードリンク